住宅ローンの種類

マイホームの購入は、多くの人にとって人生で一番高い買い物となります。そのため、住宅ローンを組んで購入する人が多数を占めます。住宅ローンの金利タイプは、大きく3つのタイプに分けることができます。1つ目は、借入期間中、ずっと金利が固定された固定型のローンです。2つ目は市場金利に応じて金利が変動する変動型のローンです。3つ目は固定型と変動型を組み合わせたタイプで、借入から数年間の金利は固定されているけれど、その後は変動金利に移行するタイプです。住宅ローンは金額が大きく、返済期間も長期間にわたることが一般的です。そのため、わずかな金利の違いであっても、総返済額については大きく違ってくることとなります。

現在は歴史的な低金利状態であり、住宅ローンを組むには非常に有利な時期であるとも言われています。住宅ローンを組むにあたっては、無理のない返済プランでローンを組むことが非常に重要になります。住宅というのは購入して終わりというものではなく、末永くそこで暮らしていくものです。返済可能な金額ギリギリの住宅ローンを組むと、レジャーや外食等に十分な費用を回すことができず、良い住宅を買ったものの生活に潤いがないといった事態が生じてしまう可能性があります。最近はインターネット上で住宅ローンのシュミレーションを自分ですることができるサイトもあるため、そうしたサイトを利用して、自分でしっかりと返済プランのシュミレーションをしておくとよいでしょう。

Page Top