カードの活用

総量規制対象外のカードローン

専業主婦の方がカードローンを申し込みする場合は、消費者金融であると総量規制のためほとんどの業者で専業主婦への貸付は行っていないです。そうなると今すぐにでもお金を借りたい専業主婦の方はどうすればいいかとなると、総量規制対象外のローンに申込をすることです。総量規制の対象となるとは、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社、事業者金融、商工ローンなどの貸金業者に対して適用されるのです。そのため銀行であれば貸金業者ではありませんので総量規制の対象からはずれるのです。つまり、専業主婦の方がカードローンを申し込みされるのであれば銀行のカードローンになります。パートやアルバイトをしていない専業主婦でも旦那様に安定した収入があれば申し込みができます。

2010年6月に貸金業法が改正される前までは、専業主婦の方、つまりパートやアルバイトなどをしておらず自身で収入のなくても配偶者である旦那様を審査の対象とすることでカードローンが簡単に作れていたのです。しかし、貸金業法が改正されて総量規制が導入されて以降は、専業主婦が貸金業者でカードローンを申込するには配偶者の同意書が必要になったのです。年収の3分の1以下の規制があるため、専業主婦は旦那様の収入で生計を一にしていることから、旦那様にも借金がある場合過剰融資となってしまうためです、しかし、審査するとなると夫婦両方審査しなければならず、さらに提出する書類も多いことからコストがかかるため専業主婦への貸付を行っていない金融機関が多いのです。

Page Top